インプラント

最新の再生医療技術による、自分の歯を使ったインプラント治療もご相談ください

最新の再生医療技術による、自分の歯を使ったインプラント治療もご相談ください

ヒグチ歯科医院では大阪府内はもちろん、日本の中でも最先端の再生医療技術で抜歯した自分の歯、
もしくは家族の歯をインプラント治療の材料にすることができます。
自分の歯を使用するため、適合性が高く、感染にも強い技術です。

■自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

採血を行ないます。
ほとんどの場合、20cc程度の量で手術には充分です。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

血液を10ccずつ、ガラス管とプラスチック管に取分け
遠心分離器にかけます。
遠心分離器の回転速度は段階的に変化し、
より効率的に血液成分が分離されます。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

ガラス管とプラスチック管でそれぞれ成分が分離した状態のもの。
これを使って完全自己由来血液のフィブリンゲル(CGF)を生成します。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

フィブリンゲル(成長因子を多量に含んだ濃厚血小板と免疫応答に関与する
白血球などの、骨誘導に大きく作用するゲル素材)に自家骨をまぜたもの。
補填材としてGBRのオペで使用します。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

CGF(ConcentratedGrowth Factors)単独でも移植材の代わりとして使用できます。
20ccの血液から2、3ccのCGF が作られます。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療

CGFメンブレン
濡らしたガーゼでCGFを挟み、圧迫して作られるCGFメンブレンは
弾力に富み成長因子も多く含まれるため、
骨組織及び軟組織の形成を促進するはたらきがあります。

お問い合わせ

■フィブリンゲルと自家骨による骨再生

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療


患者様自身の抜いた歯を加工して、
骨の再生に必要な有機質を残した状態のものを使います。
抜歯してから2時間で使える状態になりますが、
滅菌後に冷凍することで最大半年間の保存が可能です。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療


①の状態になった歯をボーンクラッシャーという器具で細かく砕きます。

お問い合わせ

自己血液由来によるフィブリンゲルで安全・安心な再生医療


砕いた歯を、別に患者様から採血して作ったフィブリンゲルと混ぜ合わせた状態。
これをGBR(骨誘導再生療法)の手術時に使うことで免疫反応や遺物反応を起こさない、 高い生体適合性を得られるとともに、感染リスクを抑えられます。

お問い合わせ
当医院では、歯科麻酔の専門医が行わさせて頂きます。

Q1.ほかのインプラント治療に使われる材料との違いはなんですか?

自分自身の歯を使うため、生体適合性が優秀です。免疫反応や異物反応を起こしづらく、一定期間が経ち、
新しい骨が十分に形成された際、吸収されて身体内で安全に除去されるので理想的な骨材料と言えます。

Q2.昔抜いた歯を使ってインプラント治療に使うことができますか?

抜歯直後に専用の液で前処理をする必要があるため、抜歯してから時間がたった歯を使うことはできません。

Q3.歯を抜いた後インプラント治療用に保管をしてもらい、後日使用することはできますか?

最大で6か月間冷凍保管ができますが、なるべく早い処置が望ましいと言われています。
ご利用イメージ
ご相談ご予約は  8:00~21:00 フリーダイヤル0120-45-8809 電話番号072-445-8808 昼休みなし、土日祝は20:00まで

子カテゴリー

子カテゴリー

初めての患者様

木曜休診のお知らせ

ドクター勤務表

患者様の声

スマートフォンサイト

お問合せ
よくあるご質問

ヒグチ歯科医院

お車での来院にも対応
駐車場は120台完備

JR阪和線 
久米田駅より徒歩15分くらい

詳しく見る

スタッフ紹介

医療費控除と高額療養制度について

救急搬送に対応しています

清真会

矯正の認識を変えるために闘うDr.宮島

関連事業

ポーキーパイン 外国人講師による有償での英会話レッスン

まんがでわかる歯周病治療

当医院はアンダーアーマー取り扱いをしております。

デンタルローンのご案内

レイアウト
pagetop