インプラント

インプラント治療が痛そうで怖い、または不安という患者様もご安心ください。

インプラント治療が痛そうで怖い、または不安という患者様もご安心ください。

当医院では豊富な経験と実績のもと
専門麻酔医によるインプラント手術(オペ)を
行っております。
患者様のお体の負担が少なく、
寝ている間にインプラント手術(オペ)が
完了いたします。
また、障害をお持ちの患者様にも役立つ治療法として、
いち早く取り入れております。
インプラント治療が痛そうで怖い、または不安という患者様もご安心ください。
お問い合わせ

静脈内鎮静法を受けられる患者様へ

手術の不安をやわらげる方法をご存知ですか?それは、静脈内鎮静法と呼ばれる方法です。

【静脈内鎮静法を受けられる患者様へ】

静脈内鎮静法とは...
薬剤を用いて歯科治療中における精神的緊張を和らげ、快適で安全な治療を行うための方法です。
静脈内鎮静法を行うと、気分が楽になり少し眠くなりますが鎮痛作用はありませんので、
歯科治療に際しては局所麻酔が必要になります。
実際には、まず点滴をさせてさせていただき、そこから薬剤を投与します。
使用薬剤は、ミダゾラムおよびプロポフォールです。これらの薬剤は安全性の高いものですが、
患者様によってはこれらの薬剤により軽度の呼吸抑制が起こることもあります。
また、卵アレルギーのある方は、プロポフォールは使用できません。
尚、静脈内鎮静法は歯科治療を快適に受けていただくための方法であり歯科治療自体の成否・予後には全く関係しません。

FAQ

Q1.どんな方法ですか?

歯科の手術を受ける患者様に対して、麻酔を専門とする歯科医師が手あるいは足の血管から針を刺して、点滴を1本だけとり、そこからお薬を適宜投与していって、手術中、少しうとうとした状態で手術を受けていただく方法があります。
   

Q2.この方法は、歯科ではどんな手術でよく使われるのですか?

一般に、患者様にとって、手術中に精神的恐怖を感じる手術で用いられます。
具体的には、インプラント手術あるいは親知らずの抜歯、障害をもっておられる患者様への歯科治療、歯ぐきの手術などが挙げられます。
   

Q3.具体的にどんなふうにやっていくのですか?

まず、診療用チェアーに座っていただき、主に手の甲から、針を刺して点滴をとります。次に点滴から、眠たくなる薬を主に2種類(ドルミカムとディプリバン)を入れていき、手術中はうとうとした状態か、あるいは完全に眠っていびきをかく状態にします。
手術が終了すると、眠たくなる薬を入れるのを止めて、覚ましていきます。すると、5分以内にはほぼ目が覚めた状態になります。そして、ゆっくり立ってもらい、ふらついたり、倒れたりすることがないことを確認してから、帰っていただきます。
   

Q4.手術中は、意識がないのですか?

手術中は、ほぼ眠った状態ですが、呼びかけると、返事はできる状態です。
そして、私達、医療従事者の指示にもある程度素直に従っていただけます。ですから、イメージで言えば、授業中に眠っている人が、他の人から名前を呼ばれると、返事をするといった状態によく似ています。また、手術中のことは、ほとんど覚えていない方が多いです。
   

Q5.手術の時の痛みは、この方法のみで取り除けるのですか?

この方法だけで、手術時の痛みを取り除くことはできないので、手術中は別に歯ぐきにしっかり麻酔を注射することで、痛みを減らすことができます。この方法では、点滴をとっていますので、手術中に痛み止めの薬や腫れ止めの薬を入れることで、治療後の腫れや痛みをある程度軽くすることもできます。この他に飲む薬として、痛み止めの薬は処方されますので、ご安心ください。
   

Q6.心臓に持病がある人や血圧が高いなどの病気がある人は、治療できるのですか?

手術中は、すべての患者様に対して、血圧や脈拍数、血液中の酸素の量を測る機械を装着して行います。ですから、高血圧や心臓病をもっておられる方も、安心して受けることができます。
ただし、そのためには内科でもらっている薬を、内科の医師の指示通りに飲んでいただかなければなりません。それを守って手術を受けていただければ、手術中に血圧が高くなったり、不整脈が出たりした場合には、私達麻酔を専門とする歯科医師が責任をもって対応します。 万一、私達がもし対応できない場合には、その病気の専門医のいる救命病院に搬送する形になります。
 

Q7.この方法を行う上での注意点、守らないといけない点を教えてください。

大きく分けて3つあります。1つは、手術開始から4時間前までの絶飲食を守っていただかなければなりません。 そうしないと、麻酔をかけた後に、食べた胃の中の内容物を吐いてしまって、手術している所が汚れたり、肺の中に入ってしまって肺炎を引き起こしたりと命にかかわる状態になります。
2つめは、手術を行う日は、電車やバス、タクシーなどの公共交通機関を利用していただくか、付添いの方と一緒に来てもらう必要があります。 手術終了後は、麻酔が切れてほぼ目が覚めているとはいえ、体の中には、麻酔のお薬がまだ残っていて、平衡感覚がいつもとは違いますので、自動車や自転車の運転はできません。
先ほども述べましたが、最後に心臓や血管の病気や糖尿病、高血圧など別の病気を抱えておられる方は、いつも飲んでおられるお薬をしっかり飲んでいただかなければなりません。 安全に手術を行っていく上では必要不可欠ですので、よろしくお願いします。

当医院では、歯科麻酔の専門医が行なわさせて頂きます。

当医院では、歯科麻酔の専門医が行わさせて頂きます。

治療前の注意事項...

治療前の注意事項...治療前の注意事項...

・静脈内鎮静法を行うにあたり、予約の4時間前からは絶飲絶食にしてください。

・治療後は、車や自転車の運転はできません。付き添いの方とご一緒にお越しください。

・処置時間や使用薬剤により、帰宅時間が遅れる可能性があります。

・術後は、お薬の効果が残ることがありますので、大切な仕事や細かい作業を要する仕事は控えてください。

・体調不良時、食事をしているとき、付き添いのいないとき、常用薬を服用していないとき等は、
 専門の麻酔科医の判断で、治療を中止する場合がございます。

ご相談ご予約は  8:00~21:00 フリーダイヤル0120-45-8809 電話番号072-445-8808 昼休みなし、土日祝は20:00まで

子カテゴリー

子カテゴリー

初めての患者様

木曜休診のお知らせ

ドクター勤務表

患者様の声

スマートフォンサイト

お問合せ
よくあるご質問

ヒグチ歯科医院

お車での来院にも対応
駐車場は120台完備

JR阪和線 
久米田駅より徒歩15分くらい

詳しく見る

スタッフ紹介

医療費控除と高額療養制度について

救急搬送に対応しています

清真会

矯正の認識を変えるために闘うDr.宮島

関連事業

ポーキーパイン 外国人講師による有償での英会話レッスン

まんがでわかる歯周病治療

当医院はアンダーアーマー取り扱いをしております。

デンタルローンのご案内

レイアウト
pagetop