インプラント

無くした歯を取り戻したい方に。
インプラントは、部分入れ歯とは違い、取り外す必要はありません。
天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。
自分の歯と同じように噛むことができるため、お食事の際に違和感を感じづらいという点が魅力です。
大阪府内でのインプラントなら、ヒグチ歯科医院にお任せください!

大阪府でのインプラント治療の実績を伸ばしているヒグチ歯科医院がまとめるインプラントのメリットと注意点

■ 当医院がまとめるインプラントの利点

<インプラント治療のすぐれている点>

・他の歯を削らずに、治すことができます。

・固定されているので、自分の歯と同じように噛(か)めます。

・外さなくても良いので、心理的に若返ります。

・減った歯や顎の骨を守ることができます。

・見た目が自然で違和感がありません。

当医院がまとめるインプラントの利点
お問い合わせ

■ 当医院がまとめるインプラントの注意点

<インプラントは骨がないと植立できません・・・ではどうすればいいの?>

・骨造成(GBR)

・スプリットクレスト

・ソケットリフト

・サイナスリフト

などをする事により、植立が可能です。

※しかしながら、最終的に上部構造(冠)が入るまでの期間が長くかかる事もあります。

当医院がまとめるインプラントの注意点

■ GBR(骨誘導再生法)について

GBRとは

インプラント手術を行なう際、歯が抜けてから長期間そのままになっていたり、歯周病などが原因で、インプラント体埋入の土台となる歯を支える部分の骨(歯槽骨)の量が少ないケースがあります。
そのような場合でも自家骨や骨補填材を移植する事で、骨に十分な幅と厚みを持たせてインプラント埋入を可能にする方法をGBR(Guided Bone Regeneration)といいます。

クローズド法とオープンバリアメンブレン法

自家骨や人工骨を移植した後、骨再生を誘導し、組織細胞の混入を防ぐためにメンブレンという特殊な膜で覆います。
手術創のメンブレンを完全に覆う形で縫合する方法をクローズド法、メンブレンが露出したままで創傷を治癒させる方法をオープンバリアメンブレン法と呼び、ヒグチ歯科では被術者への侵襲がより少ないオープンバリアメンブレン法を取っています。この時に非吸収性素材のCYTOPLAST(サイトプラスト)というメンブレンを使いますが、微小孔性の特質により創に密着することはなく、なおかつ異物や細菌がメンブレン内またはメンブレン下側に侵入するのを防ぎます。

ここでCYTOPLASTを使ったオープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れを写真で紹介します。

オープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れ1

骨量の少ない部位に自家骨を移植します。

オープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れ2

移植材を緊密に充填し、形を整えた上からCYTOPLASTで覆います。この時、天然歯との間を1mm以上空け、両サイドはしっかり縫合して、骨と骨膜の間に差し込むようにします。

オープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れ3

治癒を促進するため、CYTOPLASTの下に、自己血由来のメンブレン(当院ホームページ、 最新の再生医療 http://www.higuchi-dc.or.jp/menu01_03.html をご覧下さい)を差し込みます。

オープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れ4

GBRした部位の中央部にはテンションをかけず、また膜が歪まないよう緩やかに 縫合していきます。

オープンバリアメンブレン法による、代表的な術式の流れ5

縫合完了、すき間からメンブレンが露出しているのが分かります。

これでインプラントの前処置としてのGBRは完了しました。
GBRから3ヶ月半から4ヶ月を経てインプラントの足場が出来上がります。

ここからはGBRを行なった際、本当に骨が出来ているのかを口腔内のレントゲン写真等を使って見て頂きます。
実際にヒグチ歯科でGBRを受ける前の写真と、GBRから2~4ヶ月後の写真、インプラント埋入のために切削した組織を
日本大学松戸歯学部の研究室で染色した顕微鏡写真です。
レントゲン写真では術前の骨の無い部分(黄色の円内)に、GBR後(青い円内)は骨が増生されたことが判ります。
また、HA染色による顕微鏡写真でも骨芽細胞(骨組織の表面に存在し、新しい骨をつくる働きをもつ細胞)が
赤色の円内を中心に発生し始めていることが確認できます。

岸和田 ヒグチ歯科医院がまとめるインプラント利点・注意点ここまで

インプラントについてよくあるご質問

Q1.インプラントとは?

インプラントとは、本来「埋め込む」という意味の言葉です。
通常、差し歯をする場合は、もともとの歯の根っこ(歯根)が有る状態で、 かぶせをしていくことになりますが、歯周病や虫歯により、 歯根そのものが喪失した状態の時は、インプラントにより人口歯根をもともとあった歯根の位置に植立することにより、かぶせをしていくことができるのです。
隣の歯を支台にしてかぶせをつなげていくブリッジとは違い、植立した人工歯根そのものにかぶせをしていきます。
また、取り外しをする部分入れ歯とは違い、取り外す必要はありません。

Q2.手術は大変ですか?

インプラントは怖いのではないかとよく聞かれますが、全身麻酔ではなく局所麻酔で行うので、入院の必要はまったく無く、 日帰りしていただけます。
手術時間については、インプラント本数などによりもちろん違いがありますが、
1~2本でしたら1時間以内で終わることがほとんどです。
当医院がまとめるインプラントの注意点
お問い合わせ

Q3.どんな人でもインプラントは出来ますか?

インプラントを植立する場合、顎の骨の状態(幅・高さ・硬さ)や歯茎の状態をきちんと把握して、治療計画をたてます。
顎の骨がやせている部位へのインプラント植立の場合は、骨を増やす処置(骨構造)を併用し、
インプラントした後のかぶせのみかけ(審美性)や噛み合わせ(咬合力)をできるだけ、回復するように目指していきます。
困難な症状の場合では、他院の著名な先生とチームアプローチいたします。

Q4.手術後のメンテナンスは必要ですか?

インプラントにより植立した人工歯根は、もともとの歯根と同様に歯周病(インプラント周囲炎)にかかってしまい、
ぐらぐらになってしまうことがあります。ですから、インプラント後も定期的に経過観察させていただき、
インプラント周囲炎になってしまわないように、歯ブラシ指導・歯石除去等を続けていく必要があります。
結果的に申し上げれば必要です。
インプラント治療が終わるという事は、長いマラソンのスタートに立ったにすぎないわけです。
患者様のご年齢などにもよりますが、歯科医院で定期的に変化を見つけ対応することにより、長期的に予防の安定につながります。

Q5.何に気をつければ良いでしょうか?

大きくわけて2つあります。

1.感染によるインプラント歯周炎

2.過大な力による骨の吸収および、インプラントの破損

Q6.定着しやすくする処理を特別にしていると聞いたのですが

当医院ではインプラントが骨となじみやすくなるように、 特別な専用機器で除染処理を必ず行っています。
詳しくはこちら

大阪府内で高品質のインプラント治療をより受けやすくなるよう、低価格・高水準でご提供しております。

大阪府内で高品質のインプラント治療をより受けやすくなるよう、低価格・高水準でご提供しております。

現在使用しているインプラント  マイティスプラトンAQB   全て純国産です。
費用について
お問い合わせ

ストローマン・インプラント
ITI(International Team for Implantology)は、学術研究団体が行った研究成果をもとに製品化したものであり、
世界でもトップクラスの信用性及び実績を誇るインプラントです。
ヒグチ歯科医院では、インプラントの品質にもこだわり、かつ患者様の治療費のご負担を可能な限り軽減するように努めております。
格安・安いだけにとどまらない品質での治療で、安全に着実にインプラント実績を伸ばしております。

治療の流れ

初めてインプラント治療を受けられる方にも安心していただけるように院内でも丁寧にご説明しております。

詳しく見る

鎮静下での治療

痛いんじゃないか、歯医者が苦手で怖い・・・そんな方にも安心して治療を受けていただける治療法があります。

詳しく見る

最新の再生医療

抜いた自分の歯を使う大阪府内はもちろん、日本の中でも最新の技術を使用したインプラント方法。

詳しく見る
カテゴリー
ご相談ご予約は  8:00~21:00 フリーダイヤル0120-45-8809 電話番号072-445-8808 昼休みなし、土日祝は20:00まで

子カテゴリー

子カテゴリー

初めての患者様

木曜休診のお知らせ

ドクター勤務表

患者様の声

スマートフォンサイト

お問合せ
よくあるご質問

ヒグチ歯科医院

お車での来院にも対応
駐車場は120台完備

JR阪和線 
久米田駅より徒歩15分くらい

詳しく見る

スタッフ紹介

医療費控除と高額療養制度について

救急搬送に対応しています

清真会

矯正の認識を変えるために闘うDr.宮島

関連事業

ポーキーパイン 外国人講師による有償での英会話レッスン

まんがでわかる歯周病治療

当医院はアンダーアーマー取り扱いをしております。

デンタルローンのご案内

レイアウト
pagetop